プランを選んで安く実施

授業

荷物の運び方で料金も変わる

引越し料金の相場を見るときに、どんな仕組みでそのサービスが提供されているかを知っておくと料金を安く抑えられる場合があります。例えば通常の便だとチャーター便になりますが、これは相場が一番高くなるサービスです。これを混載便にすると、料金相場自体がぐっと低くなることをご存知でしょうか。特に単身の引越しや長距離を移動するときに使える方法で、指定した日時に確実に届けるのは難しくなりますが、出費を大幅カットすることもできるでしょう。通常、4tトラックには単身者であれば3〜4人分の荷物を載せることができます。つまり、同じ出発地から同じ到着地までの荷物を4人分まとめて運べばトラック的にも効率がいいですし、費用も一人ひとりは4分の1に抑えられます。タクシーの相乗りのようなもので、誰かと一緒に乗ったほうが相場は安く済むという計算です。もう一つ似たような便に帰り便というものがあり、誰かの荷物を運んだ帰りのトラックを捕まえて荷物を運ぶ方法がこれにあたります。引越し料金には定価がなく、お互いの条件が合えば安くなることもありますし、業者によっても料金は大きく変わることがあります。とにかく一番安く引越しをしたいという場合は、なるべく長く期間を設けて、1社でも多くの業者をさまざまな条件で比較するのが一番でしょう。できれば、日付や時間を指定せず、幅をもって指定することができれば、かなり安く荷物を運べる期待が高まります。仕事の関係上そうもいかないかもしれませんが、自分は手荷物だけ持って先に移動して、大きな荷物は期間に幅を持たせて一番安くできる日程で提示してもらうのも良い方法です。